大文字焼き

f:id:abotdiary721:20181023230644j:plain

f:id:abotdiary721:20181023230613j:plain

f:id:abotdiary721:20181023224059j:plain



ちょっと前にスマホの画面の上の方にヒビが入ってしまいました。

夜中に散歩をしてて急に雨が降ってきたので走りながらスマホをポケットに閉まってたら、本当はポケットに入ってなくてアスファルトの上に落ちてしまった。

ちょうど画面の中に入らない左上端のヒビだからけっこうセーフで、スマホを見るのにほとんど邪魔にはならないのがまあ助かった。

むしろ落としたときからこれを気に入ってまして、
その理由は、ヒビの見た目が「大」に見えるからなんですね。


「あ、大文字焼きだ」


と思った。




実は今年の夏に大文字山にトレーニングで登ったことがある。

そのときは銀閣寺の横をひょこっと行ったところの登山口から登っていくルートで、確か1時間半くらいで登頂できた。

大の字の火床は頂上より少し手前のところにあるんだけど、頂上と同じくらい 頂上にきたー!っていう気持ちになれる。そこからは京都市内が一望できて。

それで大の字はというと、大きな火床が一定間隔で置いてあって、それを遠くから見たら大の字に見えるんですね。

送り火のときは火床に一斉に火を点すと。


鴨川デルタ辺りを見つけて、
いつもあそこから見える小さい大の字は本当はこんなのになってるんだなぁと感心しました。

お盆には実際に大文字焼きを見れたので、ふむふむと思いながら見てました。



そんなこともあって、このスマホのヒビはお気に入りになった。そんなにきれいに「大」の文字になっているわけではないけど。

大文字山の「大」の字の火床目指して南禅寺辺りからまっすぐアタックしたら目の前に現れてくるような「大」が刻まれてる(そんな登山ルートないと思うが)

だから最後の払いが豪快に目の前に現れてきてるような感じで迫力マウンテン。

書道家がパフォーマンスですごい大きい筆を持ってすごい大きい紙の中に立って即興で何かを書くときのものすごい豪快な筆使いのような、そんな渾身の払いのように感じる


そんな「大」


インカメラが使いづらくなったけど、これは奇跡だなあと思う

ニフレル

こんにちは。

先日、大阪の吹田市にあるエキスポシティに行ってきました。

万博公園に隣接するエキスポランドの跡地にエキスポシティが出来て、ららぽーとがあったりガンバ大阪の本拠地の吹田サッカースタジアムがあったりします。

その敷地の中に海遊館プロデュースのニフレルという水族館があってそこへ行ってきました✨

 

大部分が水生生物の展示ですが、動物がいたりアート空間があったりするのでいろいろ合わさったアートで体感型の水族館(?)っぽい何かということです。

ニフレルという名前の由来は「~にふれる」という言葉から来ていて、それぞれのゾーンで形にふれたり、色にふれたり、技にふれたり…

 “体感する” というコンセプトの水族館なんですね。(水族館? なんて言ったらいいかモヤモヤする…)

 


f:id:abotdiary721:20180214072556j:image

 

「すがたに触れる」ゾーンでは面白い見た目をした生き物を展示しています。

 


f:id:abotdiary721:20180214072847j:image

 

チンアナゴ

土ではなく透明なゲルのようなものを敷き詰めてあって、中に埋まってるんだなあ…ということがよく分かります。

 

こちらは「技にふれる」ゾーン。


f:id:abotdiary721:20180214073141j:image

 

魚の名前は忘れたし平凡な見た目だったのですが、技がすごい。

スタッフさんが手を伸ばしてエサをポールに貼り付けます。そうすると魚が口からピュッ!と水鉄砲を撃ってエサを撃沈させるんです!しかもかなりの成功率。飛んでる昆虫を撃ち落とすって言うんですからそりゃすごい。

ちなみにこの水槽にはその魚がめっちゃいるんですが、たぶん撃ち落とした魚は自分でエサを食べられないでしょうね(笑)

 

 

 

そしてもはや定番のアレを私も体感してきましたよ~

 

 

 

 

 


f:id:abotdiary721:20180214073940j:image

 

うおおおお!!!!喰われる~!!!!wwwwww

…って嬉々として食われまくってたんですが、隣にいた小学生の男児がお母さんから

「あんた待ってる人おるんやからいい加減どきや!!いつまでやってんねん!!!」

って怒られてたので自分も恥ずかしくなって退散…

 

指が無くなるまでやりたかった…

 

 

f:id:abotdiary721:20180214074609j:image

 

光のインスタレーション空間。

虚像に魅入られてはしゃぎまくる子供達…

 

 


f:id:abotdiary721:20180214074816j:image

 

生き物とアートにふれるゾーンでは鳥や動物たちが出てきます。

 


f:id:abotdiary721:20180214074938j:image

 

ちょうどご飯のタイミングでした。

このゾーンの特徴はサルやペンギン、鳥類が檻にはいってないところです。

 


f:id:abotdiary721:20180214075208j:image

 

このニワトリみたいな鳥もこの部屋の中では自由。

 

「すいません足下気をつけてください!!!!」

って近くのスタッフさんに早口で言われて人混みの中の足下を見るとこの鳥が佇んでて危うく蹴るところでした。

 

 


f:id:abotdiary721:20180214075830j:image

なんとかわいい格好で寝てるんでしょう~ ホワイトタイガー。

展示室もかっこいいですね。

もちろんここはガラス張りですが、この水辺にも魚達が泳いでるので外からホワイトタイガーと魚を同時に楽しめます。

 


f:id:abotdiary721:20180214083038j:image

ぜんぶ見終わって夕方。

 


f:id:abotdiary721:20180214080428j:image

 

すぐ側を中国自動車道が通っています。

実家から京都に行くときに高速バスでここを通るんですが、この辺りを通る度に心が沸き立ちます。

山とベッドタウンというところで静かな感じに思えるけど、開けてるから広い外の世界へ向かうぞーという雰囲気を感じるんです。住みやすくてその街だけで十分満たされるというんではない感じが逆に好きです。

実際あんまり知らないから想像なんですがそういうイメージを持ってます。

 

ニフレルよかったです!

それではまた。

 

🍖レストラン🍴

たまに外食をします。

お金の節約で基本的に自炊だけどたまに外でも食べる。コンビニのおにぎりとか牛丼屋に行くことが多くて飽きてきたから最近は違うところに行きます。

 


f:id:abotdiary721:20180111000828j:image


f:id:abotdiary721:20180111000845j:image

 

サイゼリヤ。このときに食べたのが実は初サイゼリヤ。僕の地元にはなかったんですよ。ミラノ風ドリアというのが看板商品だということは知ってたので食べました。サラダ、マッシュルームスープ、ミラノ風ドリア、エスカルゴ。ドリアが美味しかったな、また行きたい。でも次はパエリヤを食べる。

 

この間大阪難波に行ったとき、クリニックの帰りにぶらぶら歩きながらランチのお店を探してて、パッと目についたステーキレストランに入ったんですよ。そしたらなんと立ち食い席に案内されて!!そんなことあるの?!

立ち食いと言えば立ち食いそばのお店に一度入ったことがあって異文化との出会いになんとも落ち着かなかったことがあったけど、ステーキですよ!きっとステーキだって一人で入ってサクッと食べて出たいみたいな人がいるんでしょうか… うーんよく分からん


f:id:abotdiary721:20180111001653j:image

(ステーキ300g、サラダ、スープ、ライス)

 

いろんな効率がいいのかもしれない。スペース取らないし回転が速いだろうし、それから思い出したけど肉はかなりレアの状態で出てきた。焼きたければ鉄板がアツアツだからご自身でっていう感じ。とにかくファーストなお店でした。

面白い経験が出来たから文句はないんですが、僕は腰痛が酷いんでね、直立が一番キツいんですよ… キツかった…

 


f:id:abotdiary721:20180111003324j:image

梅田の茶屋町で食べたガレット

 

フランスの方の料理でそば粉を使ったクレープ料理のことをガレットというらしくて、女子の間で流行ってるんですよ。クレープと一緒でデザート系もあるし、僕が食べたやつみたいにハムとか挟んでるお食事系もある。食後に無料でお持ち帰りのコーヒーをくれた。

 

 


f:id:abotdiary721:20180111004149j:image

半額!半額!半額!半額ゥー!!!

最近はランチだけじゃないんですよ。スーパーでお寿司やお弁当を買うんです。半額のやつだけど。半額だから「贅沢!」ではなくて「賢い!」ですよ。ワッハッハ

でも実はオサレガレットをランチ時に一人で食べに行くより、これだけたくさん半額のものをよく行くスーパーのよく見るレジの人のところへ持って行く方が恥ずかしいんですよ(笑)

 

なんでもいいけど美味しいものいっぱい食べたいですね~

それでは!

 

2017年を振り返る

今年が終わろうとしています。この1年を振り返ると長かったような短かったような気がする。

年明けはまだ工場でピッキングのアルバイトをしてて、しんどいし続けてても何にもならないけど失業保険もらえるタイミングまでは続けるかー、というシャキッとしてない気持ちだったと思う。「目を覚ませ!こんなことしててなんの意味があるんだ!時間を大切にしろ!」と今なら肩を揺さぶってやりたい気持ちだけど、今失業保険をもらえてることでかなり助かってるのは事実です。

それでバイトは1年近く経っても仕事や人間関係に慣れずかなりストレスを感じながら今年の春までやってました。最後までいろいろやらかしたなぁ…

そんな状況がずっとだった中で休みの日とか仕事終わった後はよくウォーキングをしたりプールに行ったりして気分転換してた。これからどうするかとか考えたり、逆に何も考えずに歩いたりジャグジーに浸かったり。

3月の終わりに水虫になってしまったな、そういえば。実はこっちに引っ越してから塗り薬切らしちゃってちゃんと治ってないんだな水虫…

それで一人暮らしして自立することが上手くいく唯一の手段だと思って家を出ました。そしてまぁこの辺りを細かく振り返ると大変なので、とても大事なことだけ言うと、

大失敗だった

ということです。失敗とはまさにこのこと。過ち。間違った選択。すってんころりん。

せっかく風船に空気を入れたのに、口を結ばずにお空に飛ばしちゃったみたいなものです。大きな選択は価値基準をはっきりさせて判断しないいけない。自立という最も優先する価値基準があって一人暮らしということだったはずなのに、他人の家に住むというのは違いますもんね。そのときの気分とか雰囲気に流されずに判断しないといけなかった。

そしてもう一つ、状況をリカバーする力のなさを自覚してなかったこと。最初は、合わなかったらそのときにまた引っ越しすればええわと思ってました。万が一ダメでも半年くらい計画が遅れるだけじゃがんと。そういう保険的な気持ちがあったからバッと飛びついた節があるんですが、現実はそんな風にはいかなかった。自分がどれだけ人からよく思われたくてどう思われてるかだけを意識して、言うことやることその場しのぎで取り繕うことを続けることしかできない人間かを分かってなかった。ウソの塔が積み上がって身動きとれなくなっていった。ジェンガをやり続けてしまっている。今までの人との関わり方を考えれば想像つきそうなんだけど間違えた。

 

失敗したことを覚えておくということだけはしようと思います。

 

最初から京都で一人暮らししてたらどうなってたか。それでも今ほどでなくとも生活に失望してる可能性は高い気がする。今までいろんなことをやってきてうまくいかないことが多かったから、そんなにうまくはいかない(と慰める…)。階段を何段か上がってる可能性もあるとは思うけど、まぁ分かりません。

それで、訓練校に行ったりしてなんだかんだで年末を迎えようとしてる感じですね。お腹いっぱいの一年でした。

 

 

写真コーナ~

 


f:id:abotdiary721:20171223011100j:image

 

今年は歯医者さんにもよく行きまして、虫歯治療したり人生初の歯石除去したり唾液検査したりもしました。

 


f:id:abotdiary721:20171223013935j:image

唾液検査。虫歯になりやすいとか口が汚いとかも分かってしまう。

 


f:id:abotdiary721:20171223013030j:image

鼻の通りをよくする手術でナイスオシャレな病院に少し入院しました。医療費~…


f:id:abotdiary721:20171223011450j:image

 ピカピカに光る梅田スカイビル。かっこいいビル。


f:id:abotdiary721:20171223011539j:image

上りました。

 


f:id:abotdiary721:20171223011610j:image

難波

 

 


f:id:abotdiary721:20171223011857j:image

能勢という兵庫県大阪府の境のところの観光に親戚と行ったときにあった大ケヤキ。畏敬の念を覚えました。

 


f:id:abotdiary721:20171223013330j:image

 

f:id:abotdiary721:20171223013347j:image

夏にやってたプールのバイト中はスポドリ熱中症対策してました。グリコの黄色いパッケージのやつが変わった味がしておいしかった。効く~って味。

 


f:id:abotdiary721:20171223013533j:image


f:id:abotdiary721:20171223013612j:image

京都にも行きました。

 

来年は住みたい京都。

 

 

 

 

 

 

就労移行支援事業所の見学

学校を卒業したからいよいよ就職活動。してもいいししなくてもいいし僕の勝手なんだけど、学校側は就職率で国からもらえるお金が変わってくるから、就職出来てない卒業生には登校日というのが毎月あったり、卒業生の就職率を判断する目安の3ヶ月目には個人面談があったりもする。卒業生へのサポートが手厚いんですよ。だけどこっちとしては「羽根を伸ばさせろ~」という気持ち。しばらく何もしたくない。ホント疲れた。ホントに

だけどまぁ話は変わるけどいい加減に方便を使って長く関わる大事な人との関係を築いていくと大変なことになりますね… 
ジェンガで深く考えずにいきなり一番下を抜くみたいなことをして後々自分でも最初でミスったと後悔するんですけど、それでも倒れそうな塔を積み上げ続けるんですよ。
ジェンガはもうこれ以上は厳しくて身動き取れないという段階が必ず来る。大事なことはジェンガは始めちゃいけませんということですね。それに尽きる。

先日、発達障害の人専門の就労移行支援をやってるところの見学に行ってきました。僕が行った日は、午前中がパソコン操作とかExcelを各自のペースでやって、午後はグループワークで正月に食べるお節のことを調べるとかをやってました。15人くらいいて、当たり前だけどみんな発達障害。そしてみんなスーツ! けっこう楽しそうだったから僕も職業訓練校じゃなくてこっちに行けばよかったと思ったくらい。
何が一番いいって発達障害の人しかいないから安心できるところ。ドンピシャで発達障害と言える人ばかりじゃないからお互いのことをそれぞれの人がどう思ってるかは知らないけどみんな居心地が良さそうでした。案内してくれた所長さんが安心できる場所があるというのが一番大事なんですよと言ってたけど、そうだと思う。プレッシャーがあって安心がなくなると余計に発達障害的な性質が強く出ちゃって困るから。僕も「安心」からやりたい…
就労移行支援に行ってる人は平均して1年くらい通って、その後就職して退所する感じらしい。安心できる場所でじっくり自分のペースで準備していってっていう感じで良さそうなところでした。

安心が大事だというのがそうだけど、安心安全でリラックスしてるときの気持ちじゃないと選択をミスるんですよね。今日もおもむろに求人を見てけっこう長いこと見てたんですが、穏やかな気持ちじゃないのはもちろん、自分の中の価値基準も参照しないままに想像だけ働かせてああだこうだ思って疲れ果てて、何やってるんだかなぁという感じで終わりましたから。無意味。少しでも安心で気持ちが穏やかになるようにやっていきたい。それがたぶん正しい方に導いてくれるはず。

いいお正月を迎えたいですね。それでは。

学校を卒業

 

学校の終了式でした。やっと3ヵ月が終わって疲れました。めちゃくちゃ疲れました。

でも、自分は何が苦手で何を苦痛に感じるのかということが改めて分かって、この3ヵ月がなければもっと重要な場面で失敗をしたかもしれないなと思うと、よかったのかもしれません。

就職して一人暮らしすることが喫緊の目標なんだけど、ヘトヘトです。そして仕事内容とか職場の人間関係が合っていても、結局しんどくなるだろうなという確信も持った。無理せず自分の中の一番下のところからやっていきたい。

必ずしも無理して働かなくてもいいけど、就職が決まることでしか小母さんの家を出られないような気持ちになっています。どういうことかというと、正直な気持ちはあまり出さずに小母さんの期待と価値観に同調して、自立に向けてさも順調に進んでいってるかのように振る舞って自分で退路を塞いできたから、積み上げた「嘘」の塔が高くなりすぎてしんどいんです。この塔から脱出したいんだけど、もう少し積み上げて無理な就職という塔に乗り移っちゃろと思ってる訳です。

僕の考えの甘さと未熟さによる結果です。僕が全部出ちゃったなという感じ。でもなんとかうまい具合にやっていけたらなぁ。

 

さっき寝てた時の夢の話。

夢の中で目を覚ましたら(この部屋のベッドから目を覚ますという夢)部屋のドアが開いてて2階の踊り場が見えて誰かいた。誰か分からないけど人間じゃなくて、異様な存在でついに出た魔物というような直観が生じて、何が何でも立ち向かって追い出さないといけないと感じた。怖かったけど起き上がって近付いて、出ていけと何度も叫んだ。恐怖のせいでパンチもしてみたけど手応えがなくてこれじゃダメだと思った。もっと近付いて対峙しないといけないと思って肉迫して向き合ってみたら、相手にビンタされたような感覚を覚えた。そしたら「最後に驚かせてやりたかった」と言って消えてった。

ついにやったぞっていう興奮と安堵が入り混じって夢の中で大興奮の大号泣をしていました。

踊場で何度も叫んでるときに、夜遅くに上の階で寝てる小母さんに聞こえてしまうなと思いながら叫んだ。いつもは大人しくして、できる限り顔を合わせないようにとビクビクしてるのに、よっぽど魔物みたいなのと対峙することに真剣で重大だったんだと思う。

この夢は特別感があったから何か意味があったのかもしれないし、特に関係ないかもしれない。安直に現実と照らし合わせてみたら、小母さんという存在に縛られて(自縄自縛)、気持ちが袋小路になってるところに本当に立ち向かわないといけない自分の中の敵が現れて、夢の中の自分は小母さんにどう思われるかよりもそいつと対峙することを選んでやりきったということだったのかもなぁ。そういうことじゃなくても、意味なんてなかったとしてもいいけど、夢から覚めた後も、オレはやってやったぞという喜びとか満足感を引き摺ってます。

子供の頃に何回も見た夢があって、黒いマントの死神のようなやつが家に訪ねてきてピンポンを押して、ほかの家族はなぜか無関心で毎回僕が出ないといけなくて、玄関を開けたらやっぱり黒いマントの死神みたいなのがいるという夢をよく見てた。いつも目の前にした瞬間、恐ろしさのあまり何も出来ずに目をぎゅーんと閉じて夢から覚めることしか出来なかった。そのことを思い出して、今日は立ち向かえてたのが嬉しい。

夢で見たものも経験だと思います。間違いなく「見た」ではなくて「やった」だと思う。きっと象徴的な夢というのはそういう意味がある。だからこの夢が僕にとってどうであっても倒せたことは嬉しい。

それにしても魔物みたいなのと戦って、コレでおさらばと受け取れることを言って消えていったときはめちゃくちゃ遂にやってやった感がありました。ついに姿を現して退治までした興奮と安堵が入り交じって、僕がもし関西人だったら興奮して「どんなもんじゃい!!」と叫びまくってたと思う。亀田興毅みたく「どんなもんじゃい!」「どんなもんじゃーーい!」と言ってたに違いないと思う。

そんな夢を見ました。

たいかっぶ(うどん)さんと競馬観戦

競馬の季節がやってきた。
競馬の季節って知ってますか?
競馬は一年中やってるからそういうのはないんだけど、G1レースという大きいレースが集中してる時期があって、それが4月~6月辺りと10月~12月辺り。だから、今まさに競馬シーズンに突入したというわけなんです。

ちょっと前に、一緒に阪神競馬場に行こうと言っていたんだけど、都合のいい休みを見つけてくれて大阪まで来てくれました! 
来てもらってばかり…


馬を観る前に魚?
ということで海遊館に行きました!

f:id:abotdiary721:20171008184021j:plain

懐かしい…! いや、こんな感じだったかな? 中学生の時の校外学習で来たんだけどほとんど覚えてなかった。クラスの女子に何かを話しかけられて、だけど話の折り合いがつかないまま長いエスカレーターを上って行ってしまったことだけ覚えてる…


f:id:abotdiary721:20171008184549j:plain

大きい水槽。グルっと回って色んな角度から魚を見れます。

f:id:abotdiary721:20171008184745j:plain

イワシの群がきれいだった。たいかっぶさんもきれいだと言っていました。

f:id:abotdiary721:20171008184857j:plain


f:id:abotdiary721:20171008184927j:plain

!?



お昼ご飯を食べて競馬場に行きました。


f:id:abotdiary721:20171008185233j:plain

これがパドックというやつですね。レース前の馬の状態をチェックして予想に生かす時間です。


せっかくなので予想…
人気で来そうな馬を選んで、複勝という一番当たりやすい馬券を100円だけ購入。たいかっぶさんも違う馬の複勝を購入。

f:id:abotdiary721:20171011183517j:plain



行けー!!!!

…というか、ほぼ初心者ゆえに自分の馬が来てるのか来てないのか分からない感じでしたが…

見事的中! たいかっぶさんも的中!
100円が120円になりましたよ~

この後メインのレースと最終レースも予想したんですが、欲を出してたくさん買った僕は連敗して、たいかっぶさんは僕より初心者なのにどっちも当てていました…

競馬場はフードコートがあるし、大きいレースのときは屋台もけっこう出てるので楽しめます。
観戦は騒がしいスタンドを避けて、その横の芝生の広場でレジャーシートを広げて観ればピクニックみたいな感じになって楽しいですよ。子供連れの家族も多し。

競馬場さらば~

f:id:abotdiary721:20171008190440j:plain

その後は梅田まで戻って駅ビルのカフェで少しくつろいで別れました。