読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行 3日目

3日目。

 

f:id:abotdiary721:20170523014208j:plain

快適で気持ちのいいユースホステルに泊まりました。

同室の方がいるから気を遣って疲れてしまうんだけど、ユースホステルだからそこは仕方ない。他にも部屋が空いてるんだろうけど、ここは宿の人が無理やりマッチメイクしてくる(笑)

どうしてこのユースホステルに泊まったかと言うと、実はここも割引してもらうことができるからなんです。

 

f:id:abotdiary721:20170523013723j:plain

立派な右京区役所

 

午前中に区役所に行ってきた。引っ越しするときに必要な手続きとか精神障害者の福祉のことを聞いてきた。

このあと障害者福祉センターや心のケアセンターのようなところに行く予定だったんだけど、行く気にならなくて結局行かなかった。今日が金曜日だから、京都に滞在中で公的な機関が開いてるのは今日だけだということは解ってたんだけど、億劫で行かなかった。

それでぷらっと下鴨神社に行ってしまった。

 

f:id:abotdiary721:20170523020917j:plain

下鴨神社 糺の森

 

静かでいいところでした。厳かな感じがしてとてもよかった。

この日は3日後の5月15日に行われる京都三大祭の一つに数えられる葵祭の前儀があって、御蔭祭・御阿礼神事という神様をお迎えする神事らしいんですが、座って並んで待ってる人がたくさんいました。待つのが嫌だったから見られなかったけど、重要なお祭りの前には重要な準備的なお祭があるところが文化と伝統を感じました。

あの祇園祭も、よく知られてるのは山鉾巡行というやつですが、実は祇園祭自体は約1ヵ月の間ずっと何かしらやっていて、山鉾が街を練り歩くイベントはその中の一部なんです。

葵祭はそこまでビッグじゃないかもしれませんが、前儀として今日の祭りの他に、境内の馬場を公家風や武家風の装束のの射手が疾走する馬上から、3つの的を射抜く流鏑馬神事なんかもあって、盛り上がるらしいです。

 

f:id:abotdiary721:20170523024035j:plain

下鴨神社のすぐ近くのお茶屋で団子を食べた。

小腹を満たしてからまた下鴨神社の境内をゆっくり歩いて、はっぴを着たどうやら運営に携わってるらしい人がもうすぐ来るもうすぐ来ると言ってたから少し待ってたんだけど、来なそうだったから後にした。

 

京都に来たら、お部屋探しと住んで生活するための下準備をしようと思ってきたけど、日曜日に叔母さんが紹介してくれた小母さんのところに行くことになって、いろんなことがよく分からなくなってきたのもあって、気が抜けたような感じだった。何をやってるんだかなあ という気持ち。

 

下鴨神社から少し歩いたところにある旧三井家下鴨別邸という歴史的価値のある建物を見学した。

f:id:abotdiary721:20170523031517j:plain

 

 

f:id:abotdiary721:20170523030034j:plain

 

 

f:id:abotdiary721:20170523030218j:plain

 

 

f:id:abotdiary721:20170523031304j:plain

スタッフさんが大変ご親切な方で、三井家のお話や建物の歴史を詳しく教えてくれた。池に3階部分がきれいに映ってカメラに収めるのにいいですよ、と教えてくださったんだけど、帰り際にどうでしたか?と聞かれて、よく見なかったと言ったらまた池のところまで案内してくれた。

 

散歩。

 

f:id:abotdiary721:20170523032315j:plain

鴨川デルタ

 

 

f:id:abotdiary721:20170523032355j:plain

同志社大学

 

 

 

f:id:abotdiary721:20170523032513j:plain

京都御所

 

f:id:abotdiary721:20170523032653j:plain

錦市場

 

 

f:id:abotdiary721:20170523035655j:plain

 

一度食べてみたかったガレットというそば粉を使ったクレープ。フランスの料理らしいんだけど、卵とかハムやサラダを乗っけて食べたり、クレープっぽくデザートとして食べたりするらしい。おいしかった。

 

 

f:id:abotdiary721:20170523032723j:plain

はちみつ…

商売敵が頑張っている。僕もこんなところで油を売ってないで自分の会社に出社するかな。

 

 

f:id:abotdiary721:20170523033103j:plain

 

社長出勤。

周りの目が厳しかったからすぐ出てきた。

 

 

今日はかなり歩いたしいろんなものを見たし目的を見失っていたから、早めに宿に戻って夕食を食べた。

詰め込み過ぎた1日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

京都旅行 2日目

 

昨晩の夜はすごく疲れてて、日が変わる前には寝てたんだけど、深夜2時に起きてしまって、そこから朝方まで寝られなかった。本当に疲れてるときは、頭が休むモードに切り替わらなくて寝られないんですね… おかげで朝風呂に入る時間もなくて、ダル~な感じで2日目が始まってしまった。

この日の予定は、神戸の近くに住む叔母さんと3時頃に合流して、友人の小母さんの家に下宿してもいいという話について話し合いをすること。それまでにけっこう時間があるから神戸で行きたいところを散策をすることに。

しあわせの村から市バスに乗って三宮駅へ。片道480円。けっこうかかる。

阪急神戸線に乗って3駅の六甲駅で下車。坂をてくてく。

ここに何があるかと言うと、神戸大学のキャンパスがあるんですね~ 縁もゆかりもなにもないけど、ナイスな大学に憧れがあるから一度行ってみたかったんです。

坂をひたすら歩く…午前中でよかったけど暑いし気が遠くなる… バスがあるんだろうけど下調べが甘いからキャンパスがあるとこまで歩いて行きました。

 

f:id:abotdiary721:20170517224138j:plain

 

神戸大学

かっこいいですね~

 

優秀でナイスな大学生のキャンパスライフを眺めてるだけじゃ辛い気持ちに襲われるから、学食に行って遅い朝ごはんを食べることにしました。

 

f:id:abotdiary721:20170517224736j:plain

(ごはん、豚汁、サバの味噌煮、キムチが乗った豆腐、大学いも。全部で505円)

 

食堂に入ると心臓がバクバク…目がキョロキョロ…

誰も自分のことなど見ていないけれど緊張しまくり。

学食に入るという行為は、意識の中に浮かび上がらせたくない最高に羨ましい若者たちの渦の中に飛び込むようなことなので、絶対にオススメしません!学食…!

トレーを持ってよく分からないけど列に並んで、食べたいものを探す余裕もなく、適当に目の前においてある皿を急いで何皿か取ってレジに並ぶ! 

もう大学の学食には行かないかな~…

 

 

f:id:abotdiary721:20170517224332j:plain

(工学部棟)

工学部棟が新しい風の建物でかっこよかったです。 

階段も坂も多いキャンパスだから、どこに何があるか分からずいろいろ歩き回るのは大変でした。

本館や社会系の学部があるところと、国際文化学部があるところを見て回りましたが、なんかすごく大人しい感じでしたね。キャンパスの周りの雰囲気もそうですが、すごくのんびりした大学でした。目標がない学生はダル~ンとなりそうな感じかもしれない(笑)

 

f:id:abotdiary721:20170517235323j:plain

(百年記念館からの神戸の街の眺め)

眺めのいい場所があった。六甲アイランドがある方の街が見えてるんだと思う。夜景はもっと綺麗なんだろうな~

農学部、文学部、理学部がある六甲台第二キャンパスは見逃してしまったけど、とても楽しかったです。

 

帰りは三宮方面に向かって歩いてみました。

 

f:id:abotdiary721:20170518000413j:plain

 

f:id:abotdiary721:20170518001532j:plain

神戸大学の近くの団地)

坂の上の方にゴゴゴーと立ち並んでる団地は物語の世界のように感じました。いつも乗ってる高速バスで、中国自動車道を通って大阪や京都に行くときに、何もない山の中になんたらニュータウン的なすごい団地が現れてくる場所があるんですが、そういうところを見ると、都会の迫力や豊かさとはまた違った、自分の住む世界とは全く違う世界を感じて、いろんな世界があるな~ って思います。

 

途中でウンコしたくなって近くの駅のトイレで済まして、あと1駅だったから歩いたらすぐだったけど、そのまま電車に乗って三宮駅に戻った。

3時に叔母さんと合流。今日から僕が京都に泊まるから、一緒に嵐山にでも行ってご飯を食べようと言われて一緒に嵐山に行ってきた。

電車の中ではいろんな話をしました。今までプライベートな事情は話したことがない相手にいきなり手を差し伸べてもらって、どうしたらいいか困った。病気関連の事情なんかを話したり、これからどうするつもりかとか、知り合いの小母さんがいて~とか…

そういう話だから気が遠くなり、下宿先の小母さんの話など耳に入って来ず、上の空になって曖昧な返事ばかりしていました。

 

嵐山に着いて散策。

  

f:id:abotdiary721:20170518004434j:plain

嵐山の竹林で写真を撮ってる外国人の方がたくさんいました。みんな道に人が誰もいないタイミングを待ってて、一人出て行きそうになったらみんなカメラ構えて、でもまた他の誰かが入ってきてみんな緩むみたいな感じでした(笑) 忍耐ですね~ 写真は。

 

f:id:abotdiary721:20170518013109j:plain

 

湯豆腐とやらを食べました。右上のやつは湯葉。1800円くらいするやつを叔母さんにおごってもらいました。

 

腹いっぱい食べた後に気づいたんだけど、お宿で今日の夕食があった。急いでキャンセルできるか電話で聞いてみたら、お客様はアレルギー食で特別に準備してるからキャンセルできない、と言われてしまいました。そりゃそうかあ。食べることに。

叔母さんと別れて急いでお宿に行って、気が遠くなりながらボリューミーな晩御飯を口に運んでました。

よく気が遠くなる一日でした。

 

おわり

 

 

 

 

広告を非表示にする

外国のお菓子

最近、岡山に行く度に輸入食品を売ってるお店でお菓子を買って食べてて、けっこうまとまった数なので紹介します。

表のパッケージだけ写真に撮って、後はバリボリ食ってすぐ袋を捨ててたのでお菓子が何味だったかなどの詳しいことをほとんど覚えてないからコメントが適当なんだけどご容赦ください…

 

 

f:id:abotdiary721:20170515230930j:plain

 

アボカドオイルで揚げてるポテチ。ヘルスって書いてあるから多分ヘルシー

 

f:id:abotdiary721:20170515230938j:plain

 

前に日清のカップヌードルのマッサマンカレー味を食べて感動して以来、マッサマンカレーって最高においしいよな~と信者になってたんだけど、なんだか少し違う感じだった。結局ちゃんとしたマッサマンを食べたことがないから、マッサマンがなんなのかはよく分からない…

 

 

f:id:abotdiary721:20170515231026j:plain

 

オリーブオイルで揚げてるポテチ!これはおいしかった!スペインかどこかのポテチ。オリーブオイルの感じがすごくあってオススメです

 

f:id:abotdiary721:20170515231058j:plain

 

アレルギーの小麦も卵も使ってない米粉のクッキーみたいなやつで、久しぶりにこういうお菓子を食べれて嬉しかった。東南アジアから輸入してるやつ

 

 

 

f:id:abotdiary721:20170515235510j:plain

 

見た目は美味しそうだけど…

入ってるものもシンプルで、カレーの深みのようなのは目指してない感じのカレーだった

 

f:id:abotdiary721:20170515235605j:plain

 

しょっぱくてまずかった

 

f:id:abotdiary721:20170515235726j:plain

 

フィジーのミネラルウォーター。トロピカルな気分になった

 

 

f:id:abotdiary721:20170515231237j:plain

 

「世界一うまいポテチに選ばれた」みたいなことをポップに書いてあったボウルダーというポテチ。確かにおいしかった。

 

f:id:abotdiary721:20170515231243j:plain

 

玄米ととうもろこしを使った朝牛乳をかけて食べる系のやつ。とても素朴な味だけど、よく噛み締めると甘みが口の中に広がってくる。

 

f:id:abotdiary721:20170515232125j:plain

 

フランスのチョコ。レモン味とオレンジ味はキツい幹事だったけど、シャンパン味は食べやすかった。けどとても甘い。

 

f:id:abotdiary721:20170307002000j:plain

 

ココナッツチップス。おいしいです。

 

f:id:abotdiary721:20170515233623j:plain

 

どんな味だったか覚えてません…

 

 

f:id:abotdiary721:20170515234918j:image

 

 

ヒマワリの種のちっちゃいやつにパプリカと塩で辛く味付けしてるやつ

 

 

f:id:abotdiary721:20170515234945j:image

 

薄切りのリンゴにチョコをコーティングしてるオシャレなやつ。チョコも甘くないからリンゴをぶち殺してなくておいしかった気がする

 

f:id:abotdiary721:20170515235003j:image

 

ハチミツっぽい中毒的なうまさのポテチだった

 

 

f:id:abotdiary721:20170515235014j:image

 

ピスタチオとピーナツの周りにナイスなトッピングをしてるやつ。目に入った瞬間うまいと確信して買ったけど、思ったほど美味しくなかった

 

f:id:abotdiary721:20170516000940j:plain

 

ディープリバー スウィートマウニオニオン。かなりうまかった気がする…

 

 

f:id:abotdiary721:20170516001012j:plain

 

タロイモを使ったチップス。ジャガイモにはないおいしさだった。

 

f:id:abotdiary721:20170516001304j:plain

 

どんな味だったか覚えてないな~…  枚数が少なかった気がする

 

 

おまけ

 

f:id:abotdiary721:20170516001441j:plain

 

明治 「チョコレート効果」の粗くだきカカオ豆

カカオ72%のチョコの中にさらにカカオ豆を粗く砕いたやつが入ってて食感も味もウマです!

 

 

 

 

外国のお菓子は味が振り切れてて残念なやつも多い気がする。でもその振り切れてる感じが楽しくて日本のお菓子にはないようなのがあって好きかなあ~

日本のお菓子は繊細にバランスが取れてて概ねおいしいけど、悪く言うと予想外な部分がなくて、いつも80点の秀才のような感じなのかなあ~

 

それでは~

 

広告を非表示にする

京都旅行 初日

一人暮らしをするために神戸と京都に行ってきました☆

やることは、不動産屋に行って住むところを決めることと、住むことになったときのために、役所や公的な福祉のサービスのことを教えてもらえるところに行って話を聞くこと、という感じでしたが…

以前、関西に住む叔父さん夫婦が僕が住んでいる家におばあちゃんのお見舞いに来たときに、京都か、いい場所があれば他の関西のどこかで一人暮らししようと思ってることをなんとなく話したことがあったんだけど、知り合いで住まわしてくれる人がおるかもしれん、と今回の京都に行くちょっと前に連絡をもらったんです。

叔父さん夫婦とは言え、今まではお正月に顔を合わせるくらいで、打ち解けた話をしたこともなかったんだけど、すごく親身になって考えてくれたみたいで…

その方というのが叔母さんの親友のお母さんで、お母さんが住んでる家に下宿したらどうかという話だったんです。僕にとっては全くの他人です。

叔母さんがそのお友達の方と会ったときに僕のことを話してくれて、そのお友達伝いにそのお母さんに話が行って、じゃあ住みますか? となった訳です。

まあ… 最初は完全にナシだったんだけど…

 

 

初日は神戸に行きました~

(上のやつはプロローグ的なやつですね!)

最寄駅から出る高速バスに乗って、途中のインターチェンジの停留所で神戸に行く高速バスに乗り換えるというエキセントリックな交通手段を乗り換えアプリが提示してきたから、それで行ってみました。少し不安だったけど、同じことしてるらしいオバさんが一人いたから安心でした。

初日は神戸を歩いて見てみることにした。

神戸のことは何も知らないし、頑張っても数日では京都と比較できるほど街のことは何もわからないだろうから、ほとんど気持ちは京都で、神戸の滞在は観光でした(笑)

三宮駅から海沿いのハット神戸という、震災後再開発したいい感じの港を歩いて県立美術館に行きました。

f:id:abotdiary721:20170515212829j:plain

 

安藤忠雄設計の美術館で建物自体も見どころでした。

 

f:id:abotdiary721:20170515213025j:plain

 

特別展みたいなのはやってなくて、ほとんどお客さんがいなかったです。

 

美術館を見終わったら雨が降っててしばらく外に出られなかった。ちゃんとした普通の人なら、天気予報を見てて傘くらい持ってきてるんだろうなあ、と思ってぼーっと佇んでたら少し落ち込みましたが、そこは晴れの国からやってきたから仕方ないことにしました。

雨が少し弱まってから、また三宮周辺まで歩いて戻って生田神社に行ってみました。驚いたのは、駅のすぐ裏手というか、生田神社のすぐ近くが繁華街でびっくりしました。雰囲気的に、たぶんスケベなお店も繁華街の中にあるんだろうけど、岡山だとそういうとこは普通の人は行かない場所にあるんですよ。まあまあ街中だけどショッピングでは行かない地域だし通り抜ける場所でもないという感じの。文化の違いを感じたなあ。

 

f:id:abotdiary721:20170515215432j:plain

(生田神社)

 

いつも使ってる電動歯ブラシは持ってこなかったから、生田神社からすぐの東急ハンズで歯ブラシを買った。

 

f:id:abotdiary721:20170515214821j:plain

(見た目がプロフェッショナルっぽい! 必要ないのに2つ買った)

 

そのあと高級マットレスのコーナーがあったから少しだけ見てみようと思ったんだけど、30分くらいいました。

声をかけられたから話を聴いて、ベッドに寝転がって、

「これは違いますねえ…」

とか気持ちの入ってない会話をしてたら30分…

人間関係や気にかかってることから逃げずにしっかり取り組むことと、今必要のないことを完全に取り違えてしまいました。

ハンズから出たらクタクタで、時間もいい感じだから、バスに乗って今日の宿に行きました。

こんな何もないところに団地があるんだ~…

というところも越えて、周りはなにもない山の中に「しあわせの村」がありました。

名前のせいもあって、なんだかそういうちょっと怪しい組織が絡んでるところなのかなあ…と心配しましたが大丈夫でした~

病院やリハビリ施設、キャンプ場、馬場、日本庭園、ゴルフ場、温泉… と、なんだかいろいろある、陸の孤島的な不思議な福祉ゾーンでした。

周回バスに乗ってみたのですが、全体的に人は少なくて、見る限りほとんどが高齢者でした。宿泊施設も何棟かあって、その中の一番古そうな建物が本日のお宿でした。

どうしてこのお宿にしたかというと、ここの宿泊施設には割引があるからなんです。福祉のための施設ということで、高齢者や障害者は宿泊料金が半額になります。僕もありがたく割引してもらいました。

併設のレストランでご飯を食べて、お風呂に入って、お布団の上に寝転がってテレビを見てる間にいつのまにか寝ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

カレーがおいしかった

食べるものがなくても白ご飯だけはいつでもあるアボット家。お菓子とアイスを今日はやめとこうという日は、白ご飯と一緒に食べれるものをよく買います。

一番簡単で安いからお茶漬けをよく食べるけど、色んな種類があっておもしろいからレトルトカレーを買うことが一番多くて、中でも以前の日記に書いたLEEの辛さ10倍っていうやつがお気に入りです。今日はまた美味しいレトルトカレーを見つけたので紹介します。

f:id:abotdiary721:20170329022940j:image

S&Bの噂の名店シリーズのレトルトカレー

美味しいカレー屋さんとコラボしてる系だと思われる。

これは東京のお店のカレーでバターチキンカレーがいい味だった。でも2回目に食べたときはパッとしない味で、もしかしたら鼻が詰まってたかもしれない。美味しいものを食べるときはコンディションが大事。

f:id:abotdiary721:20170329023227j:image

上品で美味しかった気がする。

f:id:abotdiary721:20170329023512j:image

大阪あまからビーフカレーは甘いと辛い一緒になってて、しつこいんだけど美味しいという病みつきになる味。釣り具のワームみたいな味もした。そういうスパイスかな?

f:id:abotdiary721:20170329023548j:image

これはそんなに美味しくなかったと思う。

 

このシリーズは300円以下だから無印のレトルトカレーよりお買い得!

 

 

岡山に行ってきた

先日、バスで岡山と倉敷に診察を受けに行ってきました。

どっちも伝えることをほとんど何も考えずに行ったので、チャチャっと診察が終わってしまった。まあ、毎回ひねり出すように何かを伝えようとしなくてもいいのかな…

お昼はタイ料理の店でご飯を食べた。チキンライス的なものを食べたんだけど、トムヤムクンにすればよかった。

そのあと歩いて図書館に行って病気関係のとかマインドフルネスの本を探したりして、今度読む候補の本を何冊か見つけてメモした。

県立図書館は自習禁止だから勉強してる高校生とかがいなくて、落ち着いた静けさが漂ってて素晴らしいと思う。

帰るまでに時間がけっこうあるから旭川沿いをウォーキング。

f:id:abotdiary721:20170310225944j:image

歩いたのは1時間弱だけど、来たことがないとこまで歩いてみて新境地を拓いた気持ちになった。道路が狭くて車とすれ違うのが危なかったから、河川敷に降りて芝生の上を歩いてみたら気持ちがよかった。

駅まで歩いて戻ってたら、今まで足指パッドを付けて歩いてた足指が限界に近づいてきてたから、ベンチに座って外して、バスの中で食べるお団子とおはぎなんかをイオンの高島屋で買って、それでバスで帰った。隣の人が大きめで身動きし辛かったから、せっかく買ったお団子とおはぎは食べられなかった。

 

街中のウォーキングをしてると、決まって家がない子みたいな果てしなく気が遠くなるような憂うつと寂しさのミックスしたやつが襲ってくるんだけど、歩く前に予定を決めて、「ここからここまで歩いて途中でアレを見る」と決めてから歩くと余計な気持ちが生まれにくい感じがする。

次に岡山に来たときもまたどこか歩いてみようと思う。一つくらいナイススポットを通るコースでいい写真なんかも撮れたらいいな。

 

それでは〜

 

広告を非表示にする

診察の日

こんにちは

先日は月1の診察で岡山に行ってきました。もうあまり何かを期待するような気持ちがなくなってる診察だけど、近況報告をしたり、病気のことを訊いたりしました。

終わってからは昼飯を食べるとこを探して歩き回りました。せっかく岡山に来たから普段食わないものを食いたいなと思いつつ、そうは言っても高そうなとこや良さげな雰囲気のところには入る勇気がなく、ぼくを受け入れてくれる場所がないな… 、と落ち込みながらウロチョロ歩きました。

しばらく歩いてたらなか卯があったので、ここでいいかと思って入店。メニューで悩んだ末にリブロース牛丼と豚汁を食べました。満足の美味しさでした。ブリ丼も美味そうだったからそれも食ってみたかったなー。

 

なんかするぞと思ってせっかく街に出て来たのに、いざ来ると何をしたらいいかが分からなくていつも途方に暮れてしまう。

今回は診察が終わったら電気屋で加湿器を見て、アウトドアショップで高機能タイツを見て、図書館で本を探して、2時間くらい川沿いをウォーキングしようと思って、やることの計画を練って来たんだけど、全然気持ちが入って行けず…

途方もない疎外感と自分だけ取り残されてるような感覚だけを感じて、予定をショートカットして帰りました。

「自分は今何をやってるんだろう…」

ずっとそんなことを思いながら歩き回ってました。

ましてや行ったことのない刺激的な場所などに足が向かうわけもなく…

そんなしんどさを感じながらたどり着いたなか卯で色んなネガティブなことを感じながらも、美味いリブロース牛丼を食って、「それでもこの牛丼は美味いな」「なか卯くらいが僕にはちょっとした背伸びで空しくもなくて安心」という気持ちになって少し落ち着けました。

帰りのバスに乗る前に天満屋をウロチョロして串団子を2本買ってバスの中で食べた。

 

いつか安心して街歩きを楽しめるようになりたいなあ。

 

 

広告を非表示にする