読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

診察の日

その日のこと

こんにちは

先日は月1の診察で岡山に行ってきました。もうあまり何かを期待するような気持ちがなくなってる診察だけど、近況報告をしたり、病気のことを訊いたりしました。

終わってからは昼飯を食べるとこを探して歩き回りました。せっかく岡山に来たから普段食わないものを食いたいなと思いつつ、そうは言っても高そうなとこや良さげな雰囲気のところには入る勇気がなく、ぼくを受け入れてくれる場所がないな… 、と落ち込みながらウロチョロ歩きました。

しばらく歩いてたらなか卯があったので、ここでいいかと思って入店。メニューで悩んだ末にリブロース牛丼と豚汁を食べました。満足の美味しさでした。ブリ丼も美味そうだったからそれも食ってみたかったなー。

 

なんかするぞと思ってせっかく街に出て来たのに、いざ来ると何をしたらいいかが分からなくていつも途方に暮れてしまう。

今回は診察が終わったら電気屋で加湿器を見て、アウトドアショップで高機能タイツを見て、図書館で本を探して、2時間くらい川沿いをウォーキングしようと思って、やることの計画を練って来たんだけど、全然気持ちが入って行けず…

途方もない疎外感と自分だけ取り残されてるような感覚だけを感じて、予定をショートカットして帰りました。

「自分は今何をやってるんだろう…」

ずっとそんなことを思いながら歩き回ってました。

ましてや行ったことのない刺激的な場所などに足が向かうわけもなく…

そんなしんどさを感じながらたどり着いたなか卯で色んなネガティブなことを感じながらも、美味いリブロース牛丼を食って、「それでもこの牛丼は美味いな」「なか卯くらいが僕にはちょっとした背伸びで空しくもなくて安心」という気持ちになって少し落ち着けました。

帰りのバスに乗る前に天満屋をウロチョロして串団子を2本買ってバスの中で食べた。

 

いつか安心して街歩きを楽しめるようになりたいなあ。

 

 

広告を非表示にする