読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行 2日目

 

昨晩の夜はすごく疲れてて、日が変わる前には寝てたんだけど、深夜2時に起きてしまって、そこから朝方まで寝られなかった。本当に疲れてるときは、頭が休むモードに切り替わらなくて寝られないんですね… おかげで朝風呂に入る時間もなくて、ダル~な感じで2日目が始まってしまった。

この日の予定は、神戸の近くに住む叔母さんと3時頃に合流して、友人の小母さんの家に下宿してもいいという話について話し合いをすること。それまでにけっこう時間があるから神戸で行きたいところを散策をすることに。

しあわせの村から市バスに乗って三宮駅へ。片道480円。けっこうかかる。

阪急神戸線に乗って3駅の六甲駅で下車。坂をてくてく。

ここに何があるかと言うと、神戸大学のキャンパスがあるんですね~ 縁もゆかりもなにもないけど、ナイスな大学に憧れがあるから一度行ってみたかったんです。

坂をひたすら歩く…午前中でよかったけど暑いし気が遠くなる… バスがあるんだろうけど下調べが甘いからキャンパスがあるとこまで歩いて行きました。

 

f:id:abotdiary721:20170517224138j:plain

 

神戸大学

かっこいいですね~

 

優秀でナイスな大学生のキャンパスライフを眺めてるだけじゃ辛い気持ちに襲われるから、学食に行って遅い朝ごはんを食べることにしました。

 

f:id:abotdiary721:20170517224736j:plain

(ごはん、豚汁、サバの味噌煮、キムチが乗った豆腐、大学いも。全部で505円)

 

食堂に入ると心臓がバクバク…目がキョロキョロ…

誰も自分のことなど見ていないけれど緊張しまくり。

学食に入るという行為は、意識の中に浮かび上がらせたくない最高に羨ましい若者たちの渦の中に飛び込むようなことなので、絶対にオススメしません!学食…!

トレーを持ってよく分からないけど列に並んで、食べたいものを探す余裕もなく、適当に目の前においてある皿を急いで何皿か取ってレジに並ぶ! 

もう大学の学食には行かないかな~…

 

 

f:id:abotdiary721:20170517224332j:plain

(工学部棟)

工学部棟が新しい風の建物でかっこよかったです。 

階段も坂も多いキャンパスだから、どこに何があるか分からずいろいろ歩き回るのは大変でした。

本館や社会系の学部があるところと、国際文化学部があるところを見て回りましたが、なんかすごく大人しい感じでしたね。キャンパスの周りの雰囲気もそうですが、すごくのんびりした大学でした。目標がない学生はダル~ンとなりそうな感じかもしれない(笑)

 

f:id:abotdiary721:20170517235323j:plain

(百年記念館からの神戸の街の眺め)

眺めのいい場所があった。六甲アイランドがある方の街が見えてるんだと思う。夜景はもっと綺麗なんだろうな~

農学部、文学部、理学部がある六甲台第二キャンパスは見逃してしまったけど、とても楽しかったです。

 

帰りは三宮方面に向かって歩いてみました。

 

f:id:abotdiary721:20170518000413j:plain

 

f:id:abotdiary721:20170518001532j:plain

神戸大学の近くの団地)

坂の上の方にゴゴゴーと立ち並んでる団地は物語の世界のように感じました。いつも乗ってる高速バスで、中国自動車道を通って大阪や京都に行くときに、何もない山の中になんたらニュータウン的なすごい団地が現れてくる場所があるんですが、そういうところを見ると、都会の迫力や豊かさとはまた違った、自分の住む世界とは全く違う世界を感じて、いろんな世界があるな~ って思います。

 

途中でウンコしたくなって近くの駅のトイレで済まして、あと1駅だったから歩いたらすぐだったけど、そのまま電車に乗って三宮駅に戻った。

3時に叔母さんと合流。今日から僕が京都に泊まるから、一緒に嵐山にでも行ってご飯を食べようと言われて一緒に嵐山に行ってきた。

電車の中ではいろんな話をしました。今までプライベートな事情は話したことがない相手にいきなり手を差し伸べてもらって、どうしたらいいか困った。病気関連の事情なんかを話したり、これからどうするつもりかとか、知り合いの小母さんがいて~とか…

そういう話だから気が遠くなり、下宿先の小母さんの話など耳に入って来ず、上の空になって曖昧な返事ばかりしていました。

 

嵐山に着いて散策。

  

f:id:abotdiary721:20170518004434j:plain

嵐山の竹林で写真を撮ってる外国人の方がたくさんいました。みんな道に人が誰もいないタイミングを待ってて、一人出て行きそうになったらみんなカメラ構えて、でもまた他の誰かが入ってきてみんな緩むみたいな感じでした(笑) 忍耐ですね~ 写真は。

 

f:id:abotdiary721:20170518013109j:plain

 

湯豆腐とやらを食べました。右上のやつは湯葉。1800円くらいするやつを叔母さんにおごってもらいました。

 

腹いっぱい食べた後に気づいたんだけど、お宿で今日の夕食があった。急いでキャンセルできるか電話で聞いてみたら、お客様はアレルギー食で特別に準備してるからキャンセルできない、と言われてしまいました。そりゃそうかあ。食べることに。

叔母さんと別れて急いでお宿に行って、気が遠くなりながらボリューミーな晩御飯を口に運んでました。

よく気が遠くなる一日でした。

 

おわり

 

 

 

 

広告を非表示にする