学校を卒業

 

学校の終了式でした。やっと3ヵ月が終わって疲れました。めちゃくちゃ疲れました。

でも、自分は何が苦手で何を苦痛に感じるのかということが改めて分かって、この3ヵ月がなければもっと重要な場面で失敗をしたかもしれないなと思うと、よかったのかもしれません。

就職して一人暮らしすることが喫緊の目標なんだけど、ヘトヘトです。そして仕事内容とか職場の人間関係が合っていても、結局しんどくなるだろうなという確信も持った。無理せず自分の中の一番下のところからやっていきたい。

必ずしも無理して働かなくてもいいけど、就職が決まることでしか小母さんの家を出られないような気持ちになっています。どういうことかというと、正直な気持ちはあまり出さずに小母さんの期待と価値観に同調して、自立に向けてさも順調に進んでいってるかのように振る舞って自分で退路を塞いできたから、積み上げた「嘘」の塔が高くなりすぎてしんどいんです。この塔から脱出したいんだけど、もう少し積み上げて無理な就職という塔に乗り移っちゃろと思ってる訳です。

僕の考えの甘さと未熟さによる結果です。僕が全部出ちゃったなという感じ。でもなんとかうまい具合にやっていけたらなぁ。

 

さっき寝てた時の夢の話。

夢の中で目を覚ましたら(この部屋のベッドから目を覚ますという夢)部屋のドアが開いてて2階の踊り場が見えて誰かいた。誰か分からないけど人間じゃなくて、異様な存在でついに出た魔物というような直観が生じて、何が何でも立ち向かって追い出さないといけないと感じた。怖かったけど起き上がって近付いて、出ていけと何度も叫んだ。恐怖のせいでパンチもしてみたけど手応えがなくてこれじゃダメだと思った。もっと近付いて対峙しないといけないと思って肉迫して向き合ってみたら、相手にビンタされたような感覚を覚えた。そしたら「最後に驚かせてやりたかった」と言って消えてった。

ついにやったぞっていう興奮と安堵が入り混じって夢の中で大興奮の大号泣をしていました。

踊場で何度も叫んでるときに、夜遅くに上の階で寝てる小母さんに聞こえてしまうなと思いながら叫んだ。いつもは大人しくして、できる限り顔を合わせないようにとビクビクしてるのに、よっぽど魔物みたいなのと対峙することに真剣で重大だったんだと思う。

この夢は特別感があったから何か意味があったのかもしれないし、特に関係ないかもしれない。安直に現実と照らし合わせてみたら、小母さんという存在に縛られて(自縄自縛)、気持ちが袋小路になってるところに本当に立ち向かわないといけない自分の中の敵が現れて、夢の中の自分は小母さんにどう思われるかよりもそいつと対峙することを選んでやりきったということだったのかもなぁ。そういうことじゃなくても、意味なんてなかったとしてもいいけど、夢から覚めた後も、オレはやってやったぞという喜びとか満足感を引き摺ってます。

子供の頃に何回も見た夢があって、黒いマントの死神のようなやつが家に訪ねてきてピンポンを押して、ほかの家族はなぜか無関心で毎回僕が出ないといけなくて、玄関を開けたらやっぱり黒いマントの死神みたいなのがいるという夢をよく見てた。いつも目の前にした瞬間、恐ろしさのあまり何も出来ずに目をぎゅーんと閉じて夢から覚めることしか出来なかった。そのことを思い出して、今日は立ち向かえてたのが嬉しい。

夢で見たものも経験だと思います。間違いなく「見た」ではなくて「やった」だと思う。きっと象徴的な夢というのはそういう意味がある。だからこの夢が僕にとってどうであっても倒せたことは嬉しい。

それにしても魔物みたいなのと戦って、コレでおさらばと受け取れることを言って消えていったときはめちゃくちゃ遂にやってやった感がありました。ついに姿を現して退治までした興奮と安堵が入り交じって、僕がもし関西人だったら興奮して「どんなもんじゃい!!」と叫びまくってたと思う。亀田興毅みたく「どんなもんじゃい!」「どんなもんじゃーーい!」と言ってたに違いないと思う。

そんな夢を見ました。