ニフレル

こんにちは。

先日、大阪の吹田市にあるエキスポシティに行ってきました。

万博公園に隣接するエキスポランドの跡地にエキスポシティが出来て、ららぽーとがあったりガンバ大阪の本拠地の吹田サッカースタジアムがあったりします。

その敷地の中に海遊館プロデュースのニフレルという水族館があってそこへ行ってきました✨

 

大部分が水生生物の展示ですが、動物がいたりアート空間があったりするのでいろいろ合わさったアートで体感型の水族館(?)っぽい何かということです。

ニフレルという名前の由来は「~にふれる」という言葉から来ていて、それぞれのゾーンで形にふれたり、色にふれたり、技にふれたり…

 “体感する” というコンセプトの水族館なんですね。(水族館? なんて言ったらいいかモヤモヤする…)

 


f:id:abotdiary721:20180214072556j:image

 

「すがたに触れる」ゾーンでは面白い見た目をした生き物を展示しています。

 


f:id:abotdiary721:20180214072847j:image

 

チンアナゴ

土ではなく透明なゲルのようなものを敷き詰めてあって、中に埋まってるんだなあ…ということがよく分かります。

 

こちらは「技にふれる」ゾーン。


f:id:abotdiary721:20180214073141j:image

 

魚の名前は忘れたし平凡な見た目だったのですが、技がすごい。

スタッフさんが手を伸ばしてエサをポールに貼り付けます。そうすると魚が口からピュッ!と水鉄砲を撃ってエサを撃沈させるんです!しかもかなりの成功率。飛んでる昆虫を撃ち落とすって言うんですからそりゃすごい。

ちなみにこの水槽にはその魚がめっちゃいるんですが、たぶん撃ち落とした魚は自分でエサを食べられないでしょうね(笑)

 

 

 

そしてもはや定番のアレを私も体感してきましたよ~

 

 

 

 

 


f:id:abotdiary721:20180214073940j:image

 

うおおおお!!!!喰われる~!!!!wwwwww

…って嬉々として食われまくってたんですが、隣にいた小学生の男児がお母さんから

「あんた待ってる人おるんやからいい加減どきや!!いつまでやってんねん!!!」

って怒られてたので自分も恥ずかしくなって退散…

 

指が無くなるまでやりたかった…

 

 

f:id:abotdiary721:20180214074609j:image

 

光のインスタレーション空間。

虚像に魅入られてはしゃぎまくる子供達…

 

 


f:id:abotdiary721:20180214074816j:image

 

生き物とアートにふれるゾーンでは鳥や動物たちが出てきます。

 


f:id:abotdiary721:20180214074938j:image

 

ちょうどご飯のタイミングでした。

このゾーンの特徴はサルやペンギン、鳥類が檻にはいってないところです。

 


f:id:abotdiary721:20180214075208j:image

 

このニワトリみたいな鳥もこの部屋の中では自由。

 

「すいません足下気をつけてください!!!!」

って近くのスタッフさんに早口で言われて人混みの中の足下を見るとこの鳥が佇んでて危うく蹴るところでした。

 

 


f:id:abotdiary721:20180214075830j:image

なんとかわいい格好で寝てるんでしょう~ ホワイトタイガー。

展示室もかっこいいですね。

もちろんここはガラス張りですが、この水辺にも魚達が泳いでるので外からホワイトタイガーと魚を同時に楽しめます。

 


f:id:abotdiary721:20180214083038j:image

ぜんぶ見終わって夕方。

 


f:id:abotdiary721:20180214080428j:image

 

すぐ側を中国自動車道が通っています。

実家から京都に行くときに高速バスでここを通るんですが、この辺りを通る度に心が沸き立ちます。

山とベッドタウンというところで静かな感じに思えるけど、開けてるから広い外の世界へ向かうぞーという雰囲気を感じるんです。住みやすくてその街だけで十分満たされるというんではない感じが逆に好きです。

実際あんまり知らないから想像なんですがそういうイメージを持ってます。

 

ニフレルよかったです!

それではまた。