台風の前

公園を散歩しました

f:id:abotdiary721:20170917173348j:plain

f:id:abotdiary721:20170917173506j:plain
台風が来るのを察知してバタバタと岸へ集まってる鯉。

f:id:abotdiary721:20170917180715j:plain
バードウォッチングする人たち。鷹を観てたそうです。



帰りにアボットお気に入りスポット、工芸センターに行きました。

f:id:abotdiary721:20170917173837j:plain

f:id:abotdiary721:20170917174134j:plain

七宝焼きをやってて、すごく綺麗だからファンになりました。
七宝焼きとは金属素地で器とかを形作って、その上にガラス質の釉薬を付けて焼き上げたもののことを言うそうです。
七宝の代名詞になってる有線七宝という技法が面白かった。螺鈿やヒョウモンを施した漆芸作品に似てるところがあって、漆器は何度も漆を塗り重ねて、七宝も何度も釉薬を塗っては焼いてを繰り返して、乗っけてた螺鈿や銀線が表面全体の絵柄の一部になる。
描いたんでも貼り付けたんでもなく、そこだけ削って素地が見えてるんでもなくて、本当は立体的なものが埋まってて、その上辺だけがなめらかに器の表面の絵柄の中の一つの線となって現れる。そういうところが不思議ですごく奥ゆかしい感じがした。

感心して帰宅。



家に帰ってご飯を食べてたら、俳句甲子園のドキュメンタリー番組をやっていて見入りました。

f:id:abotdiary721:20170917175324j:plain

以前、ネット記事で俳句甲子園の記事を読んだことがあったから興味があって見ました。
素晴らしい時間を過ごしているいろんな高校の高校生を見て何度も熱いものがこみ上げてきた。
これぞ青春、自由、エネルギー、充実… そういうものを感じました。
高校生って勉強や交友関係、いろんなことに忙しくて周りの環境に振り回されやすい年頃だと思います。
僕も自分の高校時代を振り返ると、周りばかり気にしていて、内的に何かを経験するということがとても少なかったと思う。僕が高校生のとき、ホームページを作ってブログをやるっていうのが流行ってて、それを僕もやっていました。他の人もたくさんやっていたので、それを毎日チェックしてたし、依存的なくらいでした。今から思い返すと、世界が閉じて行ってしまうような間違った方向に向かってたなぁと思うんだけど、今の時代の高校生もそうなってしまいがちだと思います。
でも、僕がテレビで見た彼らは、紙の余白を目の前に俳句に向き合っている姿から、内的な静かな充実と意欲がしとーーーっと広がっているように見えた。
その感じこそ「自由」だと感じた。
そう思って涙が流れました。そんな充実した時間を経験したことがあまりなくて記憶にも遠いので、うらやましかった。でもそれを経験したいと思った。
とても大事な気持ちが沸いてきてよかった。




また散歩。

f:id:abotdiary721:20170917175609j:plain

中国の王朝っぽい休むところがある公園。ぐるっと歩いて雨がポツポツ降ってきたので帰りました。
今夜が最接近。